“空腹時に血糖値が上がっていた時は4つの原因が考えられます。
両親のどちらかが肥満体質だった際は、血糖値が高いのは遺伝体質と見ていいです。おそらくですが、中性脂肪が身体に溜まりやすい体質と想定されます。そして、本人も肥満である可能性が高いことから、体内にインスリンの分泌量が不足しているのが高血糖の理由と言えます。対策としては、適度に運動をする、よく噛んで食べるなどが挙げられます。毎日3kmほど散歩をする生活をすれば、空腹時の血糖値を引き下げてくれます。あと、肥満の原因には早食いも絡んでいるので、ゆっくりと食べる生活をしましょう。ご飯ではなく食パンを食べるようにするのも良い手法です。パンは耳の部分がやや硬いことから、?んで食べる必要があります。なので、量を多く食べられないため、肥満対策になります。チョコやジャム類は高カロリーにつながるので、何もかけずに食べるといいです。
例えば職場の人間関係に常に悩んでいて、仕事に行くのが嫌だと感じていたとします。その時は、空腹時に血糖値を計ると日頃よりも上昇している場合がほとんどです。ストレスを感じている時は、脳が常に活動的になっていることから、全身の筋肉がすぐにでも動かせる状況です。筋肉を動かすには、体内を動かす源であるブドウ糖を準備する必要が生じます。そのため、血糖値が上昇していても不思議ではないです。対策は人間関係をどうにか修復して、悩まなくて済むようにすることです。
喫煙は脳の交感神経を刺激するので、血糖値を高くしてインスリンの活動を鈍くさせる要因になります。煙草を吸わない人よりも糖尿病になりやすいため、できる限り吸わないようにしたほうが無難です。禁煙を開始した時は、口が寂しいと考えてもおかしくないです。なので、煙草の代わりにガムを?むようにすれば効果的です。
暴飲暴食も血糖値を上げる原因です。血糖値は沢山飲食すると、その摂取した物の糖質の量により影響されるため、糖質を摂り過ぎるとインスリンの分泌が間に合いません。特に糖質が沢山含まれている炭水化物や脂質が豊富な肉類は、カロリーの摂り過ぎにつながり、血糖値を高める結果になりやすいです。野菜も一緒に摂取していればある程度なら対策できます。食事中に烏龍茶や緑茶を飲んだりするのも悪くないです。ただ、食べ過ぎが要因なので、暴飲暴食は避けておいたほうがいいです。満腹まで食べず、腹八分目に控えておけば身体に害を及ばさなくて済みます。”