Category

糖尿病

糖尿病

糖尿病は食事で治る!血糖値を下げる食べ物

発症するのが働き盛りの年代に最も多い糖尿病は、発症後は完治することが難しいため、一生付き合っていく覚悟が必要となる病です。最も怖いのが、状態をそのままにしておくことで症状が進行し、合併症などを誘発してしまうことです。こうなると、ただでさえ苦しい病であるのに、更なる苦しみを味わうことになってしまいます。
糖尿病になると、血液の中の血糖値が異常に高い状態が続きます。高い血糖値は、インスリンの働きが低下することで起こります。このインスリンの働きによって、筋肉・細胞の受容体が糖分を取り込んで利用するのですが、肥満や運動不足で受容体の働きが鈍ってくると、インスリンを出しても糖分の利用が難しくなります。従って、血糖値を正常値に戻しインスリンの働きを活発化させるためには、受容体の働きをよくする必要があり、そのためには、食事を改善し、血糖値を下げる食べ物をとるようにしたり、慢性的な運動不足を解消する必要があります。

まず、糖尿病を改善する食事の目的は、過食やまとめ食いを避けて、受容体の働きをよくしてインスリンを活発化させることにあります。インスリンが働きやすいようにする食事をとると、糖分を充分に利用することができるようになり高い血糖値の改善につながり、膵臓に余分な負担をかけなくて済むようになります。既に、糖尿病の治療中の場合でも、食事療法は有効となります。薬だけで血糖値を抑えることは難しいため、適度な食事や運動で投薬の効果を高めることに役立ちます。
それでは、血糖値を下げる食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、野菜では、玉ねぎ、アロエ、緑黄色野菜、キノコ、レモンなど、調味料では、お酢やオリーブオイルが有効で、大豆類の豆腐、納豆、あげ、豆乳など、最近人気のおからパウダーなどもよいでしょう。さらに、お茶類として、ゴーヤ茶、グアバ茶、日本茶、ウーロン茶などもおすすめとなります。また、食事の際には食べる順番にも注意が必要です。ご飯、パンなどの炭水化物は血糖値を急上昇させますので、主食ではなく副食から先に食べるようにします。特に、炭水化物の消化吸収を阻害する食物繊維を先に取ることで、血糖値が上昇しにくくなるので、野菜、海藻、キノコを先に食べるのが良いです。その後に、肉や魚を食べ、炭水化物系はなるべく最後にまわします。加えて、調味料などにお酢やオリーブオイルを利用するとさらに効果的な食事が可能となります。

糖尿病

知っていて損はしない!血糖値とダイエットの関係

血糖値とはその名の通り、血液中にどれだけ糖が含まれているかを示した値です。その値が低いほど糖が少なく、値が高いほど糖が多いということになります。
血糖値を大きく左右するのが食事です。どんなものを食べた、またどんな順番で食べたかによってその上昇の仕方も値も変わります。通常人間の体では、血糖値を上げるグルカゴン、下げるインシュリンの2つの作用によって血糖値は調整されています。血糖値がどんどん上がっていくことによってインシュリンが分泌され、糖をエネルギーとして筋肉や様々な臓器に送るのですが、余ってしまった分は脂肪として蓄えます。これが肥満の原因の1つです。
体内の糖がエネルギーとして使われたことによって、余ることがなければ脂肪になることもありません。しかし余った分だけどんどん脂肪になってしまうことから血糖値はダイエットと大きな関係があるのです。
インシュリンは糖をエネルギーとして体中に送り出す一方で脂肪にしてしまうという働きがあります。その上脂肪分解を助けるホルモンの働きをも阻害してしまうため、ダイエットの大敵なのです。これを防ぐためには血糖値の上昇を緩やかにする必要があります。急に上げてしまってはどんどん体内に蓄積されていってしまいます。ゆっくり上昇させることを意識することで、インシュリンの分泌量を抑えることができます。
血糖値を抑えるために一番効果的なのが食生活の改善です。
・炭水化物を控える
炭水化物は数値を急上昇させてしまいます。たくさん摂取するのを控え、また玄米や雑穀米などミネラル分を含んだものを選ぶようにするとよいでしょう。
・野菜や果物を積極的に食べる
野菜や果物に含まれている食物繊維は、数値の急上昇を抑えてくれる働きがあります。そのため食事の最初に食べることによってその後に食べる炭水化物などによる血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
・水やお茶を飲む習慣を身に着ける
ジュースやコーヒーなどは水分補給のうちには含まれません。水やお茶を飲むことを習慣づけることによって代謝を上げたり、また血液の流れをよくするなどの効果があります。
・甘いお菓子、スナック菓子などの食べ過ぎに注意する
お菓子には白い砂糖がたっぷり含まれています。またスナック菓子には油や塩分がたっぷり含まれています。これらが数値の急上昇を招くためなるべく控えましょう。
・揚げ物などの油を控える
油分を多く摂取してしまうと数値の上昇状態が長く続いてしまいます。揚げ物は控え、炒め物では油を敷かないなどの工夫をしましょう。

このように血糖値というのは私たちの日常的な食習慣によって改善でき、またダイエットにも大きな影響を及ぼすのです。

糖尿病

血糖値を急上昇させない3つの方法

“血糖値が急上昇すると、体は血糖値を下げるためにインスリンを大量に分泌します。
インスリンは、使いきれない糖を脂肪に変えて蓄えるので、大量に分泌された場合、太りやすくなってしまうのです。
そのため、インスリンは肥満ホルモンとも呼ばれているのです。
体に脂肪を溜め込む働きがあるホルモンはインスリンだけなので、インスリンを過剰に分泌しないように気を付けることで、肥満を防ぐことができます。
食事をした後に血糖値が急上昇して、すぐに正常値に戻るパターンを繰り返すと、突然死や認知症を招く危険があると言われています。
人間の体は、炭水化物を摂取すると、それがブドウ糖に変わり、膵臓からインスリンが分泌されます。
血糖値の異常が原因で発症する病気といえば、糖尿病が有名です。
食後に起こる血糖値の急上昇は、動脈硬化の原因なることあるので、注意が必要です。
最近は、多くの日本人が定期的なダイエットを行っています。
ダイエットを行う場合も、血糖値のコントロールが必要となります。
血糖値を急上昇させないためには、3つの方法が考えられます。
一つ目は、ゆっくり噛んで食べることです。
よく噛んで食べると、早食いを防ぐことができます。
満腹感を得る前に食べ過ぎないように気を付けることで、ダイエット効果も期待できます。
二つ目は、糖の吸収が緩やかな低GI値の食品を食べることです。
低GI値の食品を食べることで、血糖値が急激に上がるのを避けることができ、その結果、脂肪を溜め込むこともなくなります。
炭水化物の中で、最も低GI値が低いのは、そばで、次が玄米です。
玄米が苦手な人は、白米と混ぜて使うと、それほど違和感なく食べることができます。
果物では、ベリー系や柑橘系が低GI値です。
ベリー系の果物も、柑橘系の果物も、美味しくてビタミンが豊富です。
果物は、美容にも良く、カロリーも低いので、ダイエット中も強い味方となってくれます。
お酒は、焼酎などの蒸留酒であれば糖質は含まれません。
三つめは、食べる順番を変えることです。
同じメニューであっても、食べる順番を変えると血糖値の急上昇を防ぐことが可能なのです。
野菜やきのこ類には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は、糖の消化と吸収を遅らせることができるので、食事の最初に食べます。
それから、肉、魚などのタンパク質を食べ、ご飯を食べるようにすると、炭水化物の取り過ぎを防ぐことができ、血糖値の急上昇を避けることができるわけです。”

糖尿病

空腹時に血糖値が上がる?!その原因と対策

“空腹時に血糖値が上がっていた時は4つの原因が考えられます。
両親のどちらかが肥満体質だった際は、血糖値が高いのは遺伝体質と見ていいです。おそらくですが、中性脂肪が身体に溜まりやすい体質と想定されます。そして、本人も肥満である可能性が高いことから、体内にインスリンの分泌量が不足しているのが高血糖の理由と言えます。対策としては、適度に運動をする、よく噛んで食べるなどが挙げられます。毎日3kmほど散歩をする生活をすれば、空腹時の血糖値を引き下げてくれます。あと、肥満の原因には早食いも絡んでいるので、ゆっくりと食べる生活をしましょう。ご飯ではなく食パンを食べるようにするのも良い手法です。パンは耳の部分がやや硬いことから、?んで食べる必要があります。なので、量を多く食べられないため、肥満対策になります。チョコやジャム類は高カロリーにつながるので、何もかけずに食べるといいです。
例えば職場の人間関係に常に悩んでいて、仕事に行くのが嫌だと感じていたとします。その時は、空腹時に血糖値を計ると日頃よりも上昇している場合がほとんどです。ストレスを感じている時は、脳が常に活動的になっていることから、全身の筋肉がすぐにでも動かせる状況です。筋肉を動かすには、体内を動かす源であるブドウ糖を準備する必要が生じます。そのため、血糖値が上昇していても不思議ではないです。対策は人間関係をどうにか修復して、悩まなくて済むようにすることです。
喫煙は脳の交感神経を刺激するので、血糖値を高くしてインスリンの活動を鈍くさせる要因になります。煙草を吸わない人よりも糖尿病になりやすいため、できる限り吸わないようにしたほうが無難です。禁煙を開始した時は、口が寂しいと考えてもおかしくないです。なので、煙草の代わりにガムを?むようにすれば効果的です。
暴飲暴食も血糖値を上げる原因です。血糖値は沢山飲食すると、その摂取した物の糖質の量により影響されるため、糖質を摂り過ぎるとインスリンの分泌が間に合いません。特に糖質が沢山含まれている炭水化物や脂質が豊富な肉類は、カロリーの摂り過ぎにつながり、血糖値を高める結果になりやすいです。野菜も一緒に摂取していればある程度なら対策できます。食事中に烏龍茶や緑茶を飲んだりするのも悪くないです。ただ、食べ過ぎが要因なので、暴飲暴食は避けておいたほうがいいです。満腹まで食べず、腹八分目に控えておけば身体に害を及ばさなくて済みます。”

糖尿病

あなたの体は大丈夫?血糖値の基準値・正常値

健康診断などで血液検査で必ずチェックされるのが血糖値です。血液中に糖分がどれだけ含まれているのかを見ることで、食生活のバランスから糖尿病まで判断できます。人間の体は糖分が体に入るとそれを分解してエネルギーに変えます。血液にも糖分が入り、体中に運搬されます。食事後すぐは当然、糖分を含んでいるので血糖値も高くなります。そのため食事内容によって、食べた時間によって大きく変わってくるので判断しにくく、食事を抜かして空っぽ状態の時に診断することが多いです。糖と言ってもブドウ糖のことで、通常はエネルギーに変えるためにインスリンが分泌されていますが、このインスリンの働きが弱い、インスリンが追い付かないほど糖分が多い時などは血中に糖分が出てしまうのです。もちろん、エネルギー源ですのである程度は必要ですが、多すぎると血管を固くしたり、ドロドロ血液にしたり、糖尿病につながるので放置してはいけません。空腹時の血糖値の基準は正常値は110とされています。さらに好ましいのは100以下ですので、ここをボーダーラインにして考えると良いでしょう。また、110から126までなら空腹時高血糖と分類されています。これはインスリンが不足している可能性があります。食後に糖分が体に入ってきた時にインスリンが頑張って作用してくれます。しかし、それが続かず食事後時間がたった頃に、しっかりとインスリンが分泌されず血糖値が上がってしまうのです。糖尿病の予備軍と考えても良いでしょう。生活全般での糖分の摂取量を見直すのも基準値を正常値に戻す方法の1つです。糖尿病の可能性大と判断される血糖値の基準値は126以上です。これに食後の血糖値も加えて判断されますが、基準値を大きく上回っている状態は変わりありませんので、食生活や運動などを変える必要があります。糖分や脂質を減らして、その吸収を穏やかにしてくれる野菜や海藻などを多く摂るように心がけましょう。また、糖分というと甘いものというイメージがありますが炭水化物にも多く当分は含まれています。白米や麺類などの主食を多く食べ過ぎないように気を付けて、さらには運動を取り入れることも必要です。血糖値だけでも大きなヒントになりますので、基準値をみて自分がどのポジションにいるのかを把握しておきましょう。また、正常値ではあったけど去年より上がっているなら、少しずつ蓄積されてきているので生活を正すようにしましょう。

糖尿病

糖尿病の人は歯周病になりやすい?

糖尿病の人は歯周病になりやすい?

歯周病とは、歯槽膿漏といわれる歯ぐきの病気です。歯槽膿漏とは、歯肉から膿が出ている状態です。この歯周病は、糖尿病の合併症になったり、糖尿病を発病させる原因になったりします。

歯周病になったら、まず最初に歯肉のへりが赤くはれたり、歯磨きしたときに出血します。口に水を入れたときに歯や歯ぐきがしみる、歯ぐきがむずがゆい等、痛みはほとんどない症状です。この状態を歯肉炎といいます。

何もしないでほうっておくと、歯と歯ぐきの間のすき間に炎症がおこって、そのすき間は段々深くなっていきます。このようにしてできた溝を、歯周ポケットといいます。

糖尿病の原因である歯周病を予防しよう
歯周病の1番の原因はプラーク(歯石)です。歯にこびりついたアカの事です。プラークはただ単に食べかすではなく、歯周病菌の巣です。これらの細菌が虫歯を作ったり、歯周病を進行させます。しかし、それだけではなく、全身病に対しても色々と影響があります。
a
歯周病菌がおこした炎症から生じた炎症性サイトカイン(炎症を強め、機能障害や細胞・組織を崩壊させる)が、インスリンの働きを妨げて糖尿病に悪影響を及ぼします。血液中に入った歯周病菌が、血管に感染して炎症を起こすと、動脈硬化を進める原因にもなりますし、心筋梗塞を起こす原因となった血栓を調べると、歯周病菌が見つかり、心筋梗塞の原因になっているとも言われているのです。

歯周病や、糖尿病を予防するには、原因となるプラークを除去する事が必要です。これをプラーク・コントロールといいますが、それをするために大切なのが、歯みがき中のブラッシングです。あと、糸ようじや、歯間ブラシで歯の間にたまったプラークを取り除く事も大切です。歯みがきだけでは、全てのプラークを取り除く事はできないのです。歯間ブラシと併用すると、95%のプラークが取り除けると言われています。

正しい歯みがき方法を身につける事が重要になりますので、歯科医師を受診して、正しい指導を受ける事をオススメします。

歯周病の予防に役立つ事とは?
歯周病の原因であるプラークは、水以外を口にすれば必ず発生してしまいます。しかし、食べ物によってはプラークを取り除いてくれるものもあります。酢の物や梅干など、想像するだけで口の中に唾液がでてくるような食べ物ですが、これらの酸味の強い果物などは、間接性清掃食品といわれています。これらの食品を食べて、唾液がたっぷり分泌されると、食べかすがきれいに洗い流されるのです。唾液は殺菌作用のある成分が含まれているのです。

また、直接性清掃食品といわれるものがあって、それらは食物繊維が多く含まれたものをいいます。レタス・にんじん・ごぼうなどの生野菜が最適と言われています。これらの野菜をよく噛むことによって、歯や粘膜の表面が掃除され、唾液の分泌促進になります。

あと、カルシウムは歯や歯を支える歯槽骨も丈夫にしてくれます。カルシウムを多く含む食品としては、牛乳などの乳製品、海藻、魚介類です。乳製品の中でも、プレーンヨーグルトは糖分が入っていないので、口腔内の悪玉菌の増殖を抑えてくれますし、口臭予防にもなってくれます。

よく、牛乳は噛んで飲めといいますが、牛乳はアルカリ性食品なので噛むようにして口の中に行きわたらせると、食事で酸性になった口腔内を中性に近づけてくれます。
そうすると、歯を強くして守ってくれます。

そのほかに歯にいい飲み物は、緑茶です。緑茶に含まれるカテキンには、抗菌作用があるので、食後はお茶を飲むのが歯周病予防に役立ちます。

歯周病と糖尿病の関係性
糖尿病のために高血糖状態が続くと、全身の血管がもろくなってしまい、色々な合併症を引き起こします。血管障害は歯ぐきの毛細血管まで広がり、歯周病の炎症を悪化させてしまいます。さらに、糖尿病になると免疫力が低下して、歯周病菌の増殖を抑えられなくなります。それも歯周病を進める原因になります。

歯周病にかかっていると、炎症のある組織から生産される、炎症性サイトカイン(炎症を強め、機能障害や細胞・組織を崩壊させる)とよばれるものが血液中に入り込み、インスリンの働きを阻止するインスリン抵抗性が生じる事が解明されています。インスリン抵抗性の状態になると、すい臓がいくら頑張ってインスリンを分泌しても、血糖値が下がらないので、すい臓は疲れてしまって、とうとうインスリンが分泌されなくなってしまいます。

その結果、糖尿病も悪化して、それと同時に歯周病も進行していくのです。

しかし、
・歯周病をコントロールすれば糖尿病が改善する
・血糖のコントロールができれば歯周病も改善する
ということにつながります。

糖尿病

女性に増えている脂肪肝も原因の1つ

女性に増えている脂肪肝も原因の1つ

糖尿病の方の死亡原因の1位は何だと思いますか?

それは、肝疾患といわれています。肝機能の異常を引き起こす原因は、免疫機能の異常、ウィルス感染など色々な原因がありますが、1番の原因は肝機能障害だといわれています。その中でも特に、脂肪肝です。

食事で糖質をとると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上昇します。このときにすい臓がそれを感知すると、インスリンを分泌します。インスリンの作用とは、エネルギー源となるブドウ糖を、全身の細胞に送りこむ事なのですが、余ったブドウ糖は筋肉細胞や肝臓の細胞に送りこんで、グリコーゲンという物質に作りかえて蓄えています。

また、余ったブドウ糖は肝臓で中性脂肪に作りかえて蓄えられます。内臓の周辺に蓄えるのですが、これがメタボの原因といわれている内臓脂肪です。さらに余ったブドウ糖は、肝臓に脂肪として蓄えられます。これが脂肪肝です。

肝臓は体の中で、1番大きな臓器です。栄養分をさまざまな形に作りかえたり、有害物質を分解して処理するなど、500以上の働きをしているのです。さらに、栄養分を蓄えるという倉庫のような働きもしています。

どうして余分になったエネルギーを脂肪として蓄えているかというと、いざという時に備える大切な働きなのです。しかし、度を越えてしまうと大変な事になります。

肝臓の中に、脂肪が30%以上たまってしまうと、脂肪肝という病気と判断されます。脂肪肝は、糖質の取りすぎによって起こるのが原因で、他にはアルコールの飲みすぎでも発生します。

糖質の取りすぎによっておこるものを、非アルコール性脂肪肝といいますが、非アルコール脂肪肝のうち約1割が、非アルコール脂肪肝炎を起こします。そのうちの約3割が肝硬変と進行します。そこからさらに、肝がんを発生する可能性があります。

脂肪肝と高血糖の関係
脂肪肝は糖尿病の重要な原因になります。脂肪肝になってしまうと、内臓脂肪も増えて血液中に遊離脂肪酸が増加します。そうすると、糖代謝を妨げられてしまいます。

妨げられてしまうと、ブドウ糖を脂肪に作りかえる作業もとまってしまい、血液中のブドウ糖が増えて血糖が上昇します。

同時に、脂肪細胞から分泌されていたアディポネクチンという、インスリンの働きをよくしてくれる物質が減少してしまいます。それとは逆に、TNF-αというインスリンの働きを妨げる物質の分泌が高まります。

こうなると、インスリンの働きが悪くなるので、血糖値が高くなって糖尿病を引き起こしたり、悪化させてしまったりします。

メタボを防ぐためには、まず脂肪肝を予防する事が重要です。でも、急にダイエットをすると、ダイエットによる中性脂肪不足で、肝臓は脂肪を作って蓄えてしまい、脂肪肝になってしまう場合があります。

このような状態は、ダイエット脂肪肝や低栄養性脂肪肝と呼ばれています。急にダイエットをして急激に体重を落とそうとするのではなく、1ヶ月にたとえ1kgやせるだけでも、肝臓の脂肪は落とせると思っておきましょう。

1番重要な事は、脂肪肝に早く気づいて改善することです。肝臓は臓器の中で、とても重要な働きをします。なのでその能力に余裕があって、肝臓の7割以上が損傷されないと、自覚症状が出てこないのです。気づいた頃には、取り返しのつかないほど病気が進行している可能性があるので、沈黙の臓器と呼ばれています。

脂肪肝がきっかけに!?
脂肪肝を放置していると、そのあと肝炎を発症します。肝臓が炎症を起こしていると、右のみぞおち当たりに痛みを感じます。でもその痛みは、まだ鈍痛程度なので気づかない場合も多いのです。

とくに急性肝炎の場合、痛みが長引かないのでそのままわからず、放置されることがあります。そこから慢性肝炎へと進行してしまいます。

炎症が慢性化すると、肝機能が著しく低下します。そうなると、だるさを感じたり、発熱、吐き気、食欲の低下などさまざまな症状が出てきます。

慢性肝炎は、症状が風邪にとても似ているので、自分で肝臓病と判断することはとても難しいです。またいつもの風邪だと思って病院にはいかず、市販薬を飲んで治そうとしてしまう人も多いです。
しかし、肝機能が低下すると肌や白目の部分が黄色く黄疸化し、親指の指先や付け根が赤くなるなど、風邪とは異なる症状も現れます。
具合が悪いと感じたら、まずは肌や目の色などをチェックし、黄疸が出ているなどの症状が見られるようであれば速やかに病院を受診しましょう。

Close